GLSLを使った音のビジュアライズに続き、音源として使うGLSLに挑戦!
数式だけで生成するキック、スネア、ハイハット。

float kick(float t) { return sin(6.283 * 53.0 * t - 10.0 * exp(-50.0 * t)) * exp(-t * 1.3); } float snare(float t) { return noise(t) * max(0.0, 1.0 - min(0.85, t * 4.25) - (t - 0.25) * 0.3); } float hihat(float t) { return noise(t) * exp(-t * 200.0); }

(参考、GLSLで音楽(はじめに) by @gaziya5
PSG音源、FM音源、PCM音源に続く第4の音源!? GPU音源もガッツリ楽しめそうな予感。


GPU音源 - リズムパターン基本」(src on GitHub)
ランダムにパターンを切り替えている内に、どこにもなかった音楽に出会えるかも。 MacのChromeで動作確認。スペックが足りず処理が間に合わない場合は、bufsize level を大きくしてみてください。 リアルタイムに演奏する楽器としては11.61msecは目指したい!


jigインターンOB部長が創業した、株式会社ハックツ主催のものづくり好き学生のためのハックツハッカソンにオンライン参加!


キャンプ上で便利で楽しいツールがテーマ!女子エンジニアによるデータに基づく説得力あるプレゼンと、実装力がよかった!!

優勝、おめでとう!

いろいろ創ったらお披露目する場もほしいですね!

2020/10/3-4土日開催、NT鯖江2020、開催場所を1Fに変更しました!


会場の鯖江商工会議所1Fロビー、目の検査のCマーク型の机、NT鯖江の展示ブースとして使います。(SCC)


ゆったりできるカフェ付き、ソファーコーナーでゆっくりできます。


鯖江の逸品、並んでます、あのパソコンにあの帽子のミニチュアも!?

駆け込み、展示もおまちしてます!
2020/10/3-4 「NT鯖江2020

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS