誰かに見られていないか心配になりますか?E2EEであれば安心です。
「Zoom」でようやくエンドツーエンド暗号化が利用可能に ~来週より技術プレビュー
通信路を暗号化する、End-to-end encryption(E2EE)が賛否両論です。
日本を含む7カ国、エンドツーエンド暗号化コンテンツへの公的接続を可能にするよう要請する国際声明 - ITmedia NEWS
英、米、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、日本によるE2EEにバックドアを用意せよと声明。バックドアがあるものは、そもそもE2EEと言えないのでは?

しかし、暗号化技術は性的搾取を受けた児童のように社会の脆弱性の高い人々を含む公共の安全に対し、重大な挑戦にもなると指摘。
エンドツーエンド暗号化及び公共の安全に関するインターナショナル・ステートメント|外務省より)


E2EEメッセージングヘルパー」(src on GitHub)
国をも動かす技術、E2EE。実際試してみるツールを、ECDH鍵共有実験を一歩進めて作りました。 かわいいデザインと、鍵管理の機能を追加するといい感じになるはず。

- ユースケース
公開鍵をプロフィールや自分のウェブサイトにおきます
相手の公開鍵をゲットしたら、秘密鍵を生成して、メッセージを暗号化
誰かに見られている通信路を使って送信
受け取ったメッセージを復号化すると読めます

家の無線LANのパスワードなど、メッセージで送ろうとした時の気持ち悪さ。これで解消!

links
- 見られても大丈夫な暗号鍵!? webアプリでECDH(楕円曲線ディフィー・ヘルマン)鍵共有実験
- GitHubで公開! 内閣官房 Trusted Web 推進協議会議事録、安心できるインターネットに向けてGoogleログイン実験

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS