山梨県の県内市町村自治体の方向けオープンデータ研修。日本のオープンデータ都市率100%を目指して、簡単にはじめる方法をご紹介!

オープンデータとは、自由に使えるデータのこと。


「機械判読」は必須じゃないので、ひとまず気にしなくてOK!
価値あるデータは、少々使いづらくても使われます。


日本の市町村オープンデータ取組率ダッシュボード (カラム地図7x7 x 政府CIOポータルオープンデータ)
現在取組率18%の山梨県、全自治体の方が集まった研修、よい機会なので100%にしちゃいましょう!


山梨県大月市の「ごみ収集日程表」を例に解説。

「ごみ収集日程表」はオープンデータ(自由に使えるデータ)です。
(ライセンス:CC BY 4.0
この一文をページ内に記載すればOK!
簡単ですね!(CC BY アイコンダウンロード)

まずはオープンデータはじめのいっぽ、踏み出しましょう!


20210120-山梨県オープンデータ研修.pdf
本日の研修資料もオープンデータです。


めざせ、政府目標、2020年度中のオープンデータ都市100%

links
- 利用者にやさしいCSVオープンデータの作り方、特選やまなしの食オープンデータ事例
- 手軽にいい感じデザイン開発できるBootstrap版、特選!山梨グルメ、オープンデータ活用アプリ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS