スマホやタブレット、GIGAスクール構想で広まるChromebookでは、文字コードがSJISの従来CSVファイルは文字化けしてしまいます。 海外のエンジニアによる利用しやすさを考えてもSJISは早めに捨てて、上位互換で国際化対応しているUTF-8のCSVへと移行したいところ。

幸い行政現場でよく使われているExcelでは、UTF-8である印、BOM付きUTF-8のCSVファイルは簡単に開けます。 先頭3byte、0xEF 0xBB 0xBF があれば読み飛ばす処理が必要となりますが、ここはエンジニアがちょっと気をつければいい話。現状の誰にとってもやさしいCSVは、BOM付きUTF-8で決まりです。

Excelで、名前を付けて保存、UTF-8 CSVを選択すればいいわけですが、ひとつひとつ手作業するのも大変です。


csvbeauty
先日作ったCSV変換ツールを複数ファイル対応にバージョンアップ!CSVファイルをまとめてドロップすると変換したzipファイルとしてダウンロードできます。 ダウンロードといっても、サーバーには一切送信しないので、ブラウザで開いてしまえばオフラインでも作業可能です。

オープンデータ推進に必要なツール、ご要望、お寄せください!

links
- 指標をCSVオープンデータに! by 福野泰介さん | 新型コロナウイルスと戦う意見募集サイト VS COVID-19アイディアボックス
- オープンデータ勝手表彰2020、最優秀賞に東京都、福井県も貢献賞!CSVファイルを美しくするツール「csvbeauty」GitHub公開!
- SJIS CSVでok! 我慢の年末年始の人通りは減ったのか?神戸市歩行者数オープンデータのグラフ化と国営オープンデータAPIポータルの意義

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS