鯖江市で標準化されたIchigoJamによるプログラミング教育、小学4年生の総合的な学習の時間を45分2コマを連続で取って実施しています。

本日は神明小学校にて講師役。IchigoJamのCPUとして使っている100円のコンピューター、依頼したLEDの点滅を一瞬でこなす様子をみてからの「ここでもんだい」

おなじみ、100円のコンピューター、1秒間の計算回数は?

こちらのひとこま、驚きの部分を10秒の動画にしました。こどもたちの良い反応、ごらんください!

合わせて、鯖江では、GIGAスクールでiPadが全員に貸与されているので、iPadでは約1兆回と紹介。すごい時代ですね。 スパコン富嶽は、100京回。インターネットも大きな超高速なひとつのコンピューターとみなせます。

1コマ目にコンピューターの凄さと、身の回りで動いているコンピューターの存在を知ってもらった後、2コマ目にゲームづくり! さすがゲーム、休憩後もすごい集中力でした。

はじめてのプログラミング with IchigoJam
45分授業2コマに最適化した、はじめて用スライドを小アップデート!
オープンデータとして公開しているので、どなたでも自由に活用いただけます。編集、改変、販売もOKです。

動画でもどうぞ!

ゲームつくりたい?の質問、みんなYES!ここが小学生のいいところ。ドラクエつくりたい!フォートナイトつくりたい!いろんな声が上がります。 大丈夫、基本を押さえて、自分で学ぶ力がつけば、何でもできますよ!

こどもたちへのプレゼント、ミニマムなドラクエ風を作ってみました。

エンターキーを押すたびに、敵と自分の体力が減っていきます。どちらからがマイナスになったら終了、ESCで止めてもう一度やるときは、F5でRUN!

プログラムはかわくだりゲームと同じ、コンパクトに8行。

10 E=50:U=50 20 CLS 30 LC9,5:?"YOU: 🕴 HP:";U 40 LC9,7:?"ENE: 👾 HP:";E 50 IF INKEY()=0 CONT 60 A=RND(20):E=E-A 70 D=RND(20):U=U-D 80 GOTO20

敵や自分の絵を変えたり、10行でヒットポイントを変えてみたたり、60/70行で攻撃力をいじったりしてみるところから遊んでみましょう!

かっこいい演出でもりあげたい?

55 BEEP:VIDEO2:WAIT10:VIDEO1

音がなって画面がフラッシュします!

勝ったかどうか判定してほしい?

45 IF E<0 ?"YOU WON!":END 46 IF U<0 ?"YOU LOST...":END

受けた攻撃を表示したり、選択肢を増やしたり、いろいろ加えて自分だけのゲームに育てていきます。

フィールドをテクテク歩くシーンを作りたいときは、IchigoJamプリントの「ねこにこばんゲーム」が参考になりますよ。

楽しいプログラミングの世界、伝えましょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS