画像を加工するプログラムを作るときにもJavaScriptは便利!
ブラウザに画像ファイルをドロップするだけで、IchigoJam + PanCake用の画像データが作成してみたくなりました。


画像を丸く
昔作ったツール「roundimg」を思い出し、JavaScriptのプログラムを今風に更新(src on GitHub)。


PanCake cooker
ファイルドロップや、画像読み込み周りをライブラリ化しつつ、ベースとして使って「PanCake cooker」のできあがり!(src on GitHub)

作成したデータは、PanCake web で確認できます。

?"MJ GETS ichigojam.github.io/ns-pancake/test/taisukef.txt


IchigoJam web + PanCakeで確認できます。ゆっくりです。

PanCake web のために作ったパレットなどをESモジュールのimportを使ってらくらく結合。プログラム全文 on GitHub

<script type="module"> import { waitDropFiles } from "https://js.sabae.cc/waitDropFiles.js"; import { waitImageFileRead } from "https://js.sabae.cc/waitImageFileRead.js"; import { PANCAKE_PALETTE } from "https://ichigojam.github.io/ns-pancake/PANCAKE_PALETTE.mjs"; import { getNearColor } from "https://ichigojam.github.io/ns-pancake/getNearColor.mjs"; window.onload = async () => {

var が使われているJavaScriptは古いので、参考にするときは let / const / Promise / import / export / type=module 表記があるものがオススメです。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS