4/15、イチゴの日。IchigoJam 1.5系ではなく、Arm LPC1114の1.4系のファームウェアのちょっとバージョンアップ。
- IchigoJam 1.4β27 - ファイル3書き込み不可バージョン
ファイル3を書き込み禁止に(ファイル0〜ファイル2が使用可能)
(ichigojam.bin ユーザーファイルなし、ichigojam-withexchg.bin ファイル3にキーボード日本語英語切り替えプログラム付き、ユーザーファイルを上書きします)
起動時にNTSCビデオ信号出力するまで少し待つ処理を追加


今回のファームウェア改造は、キーボードをいろいろ入れ替えながら使う、IchigoJamを使ったプログラミング教室からのご要望でした。 容量カツカツのArm向けでは難しいですが、RISC-V版ではファイルごとの書き込み禁止実装はアリですね。 ぜひ細かなご要望、お寄せください。

コンピューターをフルに使い切るプログラミングを低レイヤー開発と言います。楽な言語でwebアプリづくりをサクサク楽しめるのも、低レイヤーあってこそ!

低レイヤー、高レイヤー、どちらも楽しい、プログラミング!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS