JavaScriptでのバックエンド開発にオススメ、Deno(ディーノ)、ver 1.9でwebサーバーが高速化したとのこと!
Deno 1.9.0 がリリースされたので新機能や変更点の紹介
ネイティブマシン語コードにコンパイルする言語、RustのHTTPライブラリ Hyper を使用とのこと。

新しいwebサーバーの書き方はこちら

for await (const conn of Deno.listen({ port: 8008 })) { (async () => { for await (const { respondWith } of Deno.serveHttp(conn)) { const body = new TextEncoder().encode("Hello World"); respondWith(new Response(body)); } })(); }

serevr.js として保存。Deno.serveHttp が、まだ unstable(不安定) とのことで、下記のように実行。

deno run -A --unstable server.js

新しい表記に対応した、シンプルなAPI実装、Server.js を作りました。


いままでの Server.js と互換性があるので、シンプルなBBSがそのまま動きます!
JavaScriptとHTML、2ファイル90行のDenoで作るシンプルなBBS、jigインターン2021春!

WebSocketは未対応、これから調べます!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS