プログラミング上達のコツは抽象化。同じようなコードを二度と書かないようにまとめていけばいくほど効率良くプログラミングできます。

JavaScriptでは、import/exportを使ったESモジュールがオススメです。まだ script タグをずらずら並べている古いコードが多く見られますが、早く移行したいところです。

ネックは、ローカルでの開発において、ローカルファイルのimportがCORSの関係で失敗してしまうこと。ローカルでwebサーバーを立ち上げれば解決するのですが、ちょっと手間がかかるのが難点でした。


そこで作ったこちら「liverserver」、Node.js で便利な live-server を Deno に移植。Denoが入っていれば何もインストールすることなく、シンプル1行で安全で便利なwebサーバーが起動します。 HTMLファイルがあるディレクトリで下記コマンドを実行

$ deno run --allow-net --allow-read https://js.sabae.cc/liveserver.js

ブラウザで表示された http://localhost:8080/ を開いてみましょう。

URL指定で動くのが便利なJavaScriptランタイム Deno(ディーノ)
ネットアクセスとファイルの読み込みを許可していますが、書き込みは許可しなくても動くことで、変なことされない安心感があります。

それでも心配な人は、下記で実行すると、危険な操作毎に許可するかどうか聞いてくれます。

$ deno run --prompt https://js.sabae.cc/liveserver.js

便利なことがわかったらインストールして、簡単に起動できるようにしましょう

$ deno install --allow-net --allow-read https://js.sabae.cc/liveserver.js

後は任意のディレクトリで liveserver とするだけ起動します。便利!

$ liveserver http://localhost:8080/

8080が使われている場合、順番に1足しながらポートを探します。CORSにも対応しているので、複数サーバーを使ったテストにも便利!

Deno の入門したくなった方はこちらもどうぞ
JavaScript 16行で作るハイスコアAPIサーバー、webアプリ開発入門スライド、夏のjigインターン募集開始

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS