こどもの日、静岡県三島市と、鯖江とでIchigoJamイベントあり! コンピューターの凄さは圧倒的な計算力と記憶力。主に計算力を活かすのがゲームですが、基本忘れない膨大な記憶、データを活かすツールづくりも奥が深いです。

データはそれ自体がどういうデータなのかというデータを持つほどと強く、更に時系列や場所ごとに異なるデータが増えれば増えるほど強くなります。 いわゆるAIと呼ばれる機械学習の要も多量な意味のあるデータ。データを整理する基本ファイルフォーマット、CSVとTSVを押さえておきましょう。

CSVとは、コンマ・セパレーテッド・バリュー(コンマ区切りファイル)の略で、拡張子も .csv、テキストファイルとして開くことができ、ExcelやNumbersでも開くと表形式で見て、編集できます。 1行目は各列ごとの名前や型がコンマ区切りで記載され、2行目以降は値(バリュー)がコンマ区切りでずっと続き、件数の制限はありません(Excelなど開くソフトによって限界があったりする)。 値の中にコンマや空白や改行がある場合はダブルクォートで囲むことになっています。では、ダブルクォートを値で使いたい場合はどうするでしょう?CSVでは、ダブルクォートを2つ重ねてエスケープ(避難的対処)します。 CSV.jsのソースを見ると一目瞭然。

ちょっとややこしいCSVと比べてTSVはシンプル。コンマの代わりにタブで区切ります。タブや改行は各バリューには入らないという割り切りのシンプルな仕様(iana.org)。 JavaScriptの実装も下記のように簡単です。(src on GitHub)

TSV.decode = (s) => s.trim().split("\n").map(line => line.split("\t")); TSV.encode = (ar) => ar.map(a => a.join("\t")).join("\n");

JavaScriptの標準データフォーマットJSONには、文字列からデータにする parse と、逆にデータを文字列にする stringify というメソッドがあります。 CSV、TSV、ついでにJSONとほぼ互換性あるシンプルな表現方法YAMLにも合わせて実装しました。

import { CSV } from "https://js.sabae.cc/CSV.js"; import { TSV } from "https://js.sabae.cc/TSV.js"; import { YAML } from "https://js.sabae.cc/YAML.js"; const data = [ { name: "abc", value: 123 }, { name: "def", value: 456 }, ]; const csv = CSV.stringify(data); console.log(csv); console.log(CSV.parse(csv)); const tsv = TSV.stringify(data); console.log(tsv); console.log(TSV.parse(tsv)); const yml = YAML.stringify(data); console.log(yml); console.log(YAML.parse(yml)); const json = JSON.stringify(data); console.log(json); console.log(JSON.parse(json));

Denoで実行してみましょう!

$ deno run test.js

みなさんはどのフォーマットが好きですか? IchigoJamで計測したデータをシリアル出力するには、CSVやTSVが便利ですが、ちょっと複雑なデータでもYAMLくらいなら使いやすそうです。


鯖江、Hana道場でのイベント!

本日、「こどもパソコンIchigoJam – はじめてのプログラミング体験会」を開催しました。 会場はお土産の「IchigoJam (Get Started Set)」を提供してくださった株式会社Geolocation...

CoderDojo三島/沼津さんの投稿 2021年5月5日水曜日

CoderDojo三島/沼津のイベント!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS