2014年に作った原子力発電所で何かあったときの広域避難場所を示す「原発避難アプリ」を改修、改めて確認しました。

原発避難(鯖江編)

2016年に廃炉が決定した「もんじゅ」、計画表によると現在は第1段階、燃料体取り出し期間となっていて、2047年までかかるそうです。
「もんじゅ」廃炉計画と「核燃料サイクル」のこれから|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

このようなデータでも住所データは重要。広域避難をTownIDをベースに更新しようとしましたが表記方法が一致しないため、一筋縄ではいかないことが判明。そもそもTownIDによる町字一覧が実態とも合っていないため、公式データの整備が必須ですね。
ベースレジストリ - code4fukui/BaseRegistry

ひとまず現状のTownIDで JavaScript ESモジュールとして使えるオープンソースな地図ライブラリ Leaflet.mjs を使った地図表示してみました。


鯖江のまち
まちアイコンをクリックで町名とGeo3x3で作成したTownIDを表示します。

シンプルな1ファイル、HTMLファイルとして保存してブラウザで開くだけ、何の登録もツールも必要なく動きます。みなさんのまちのマップづくりのベースとして、ご活用ください!

<!DOCTYPE html><html><head><meta charset="utf-8"><meta name="viewport" content="width=device-width"> <title>鯖江のまち</title> <meta name="format-detection" content="telephone=no"> <link rel="stylesheet" href="https://code4sabae.github.io/leaflet-mjs/leaflet.css"> <script type="module"> import L from 'https://code4sabae.github.io/leaflet-mjs/leaflet.mjs' import { Geo3x3 } from "https://geo3x3.com/Geo3x3.js"; import { TownID } from "https://code4fukui.github.io/TownID/TownID.js"; const pref = "福井県"; const city = "鯖江市"; onload = async () => { const map = L.map("mapid"); // set 国土地理院地図 https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html L.tileLayer("https://cyberjapandata.gsi.go.jp/xyz/std/{z}/{x}/{y}.png", { attribution: '<a href="https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html">国土地理院</a>"', maxZoom: 18, }).addTo(map); const iconlayer = L.layerGroup(); iconlayer.addTo(map); const lls = []; const towns = await TownID.getTowns(pref, city); console.log(towns); const iconfn = "https://code4sabae.github.io/towns/icon/icon-home2.png"; const icon = L.icon({ iconUrl: iconfn, iconRetinaUrl: iconfn, iconSize: [32, 32], iconAnchor: [16, 16], popupAnchor: [0, -16], }); for (const town of towns) { const geo3x3 = await TownID.find(pref, city, town); const pos = Geo3x3.decode(geo3x3); const ll = [pos.lat, pos.lng]; const marker = L.marker(ll, { title: town, icon }) marker.bindPopup(town + " " + geo3x3); iconlayer.addLayer(marker); lls.push(ll); } if (lls.length) { map.fitBounds(lls); } }; </script> <style> body { margin: 0px; text-align: center; box-sizing: border-box; /* width include border */ -webkit-text-size-adjust: none; /* for iPhone */ } #mapid { width: 100%; height: 60vh; } #credit a { color: gray !important; text-decoration: none; } #credit { margin-top: 1em; font-size: 80%; } </style> </head> <body> <h1>鯖江のまち</h1> <div id="mapid"></div> <div id="credit"> DATA: CC BY <a href=https://github.com/code4fukui/TownID/>TownID by Code for Fukui</a><br> APP: CC BY <a href=http://fukuno.jig.jp/3249>福野泰介 一日一創</a><br> </div> </body> </html>

自分の住むまちをより良くするスキルを身に着けたい高専生、学生向けのインターン企画、jigインターン、参加者募集中です!
【オンライン開催】2021jig.jp夏インターンシップ~募集のお知らせ~

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS