ゲームの好みは人それぞれ。グラフィックがシンプルでゲーム性で攻める方法が好きです。

IchigoJam BASIC で、人気のかわくだりゲームをシンプルでかわいいゲームフレームワーク「crisp-game-lib」を使って作ってみました。

kawakudari」(src on GitHub)
crisp-game-libには、いい感じのドット絵フォントがプリセットされていて、設定1つでかわいいBGMが付き、命令1つでBGMのリズムに自然に合わせてクオンタイズして鳴る効果音、PCからスマホまで入出力もいい感じに対応済み。

HTML内にJavaScriptのESモジュール表記する形で実装したので、何もインストールしなくても、HTMLを編集するだけでゲームづくりが楽しめます!メインのコードはこんな感じ。IchigoJam BASICの経験者や、プログラミング初級者の人でも比較的チャレンジしやすそう。

let y = 20; let x = 50; const enemy = []; const dhit = 3; window.update = () => { // canvas size 100x100 if (!ticks) { // init enemy.length = 0; } if (input.isJustPressed) { play("select"); } if (input.isPressed) { x++; } else { x--; } x = (x + 100) % 100; text("O", x, y); enemy.forEach(e => { text("*", e.x, e.y); e.y--; if (Math.abs(e.y - y) < dhit && Math.abs(e.x - x) < dhit) { end(); play("explosion") }; }); if (ticks % 10 == 0) { enemy.push(vec(rnd(100), 100)) addScore(1); } remove(enemy, (e) => e.y < -10); };

GitHubの index.html をダウンロードするか、コピペして、自分のPC上で開いてみましょう!


optionのthemaをcrtに設定すると、ブラウン管風エフェクトがかかって、雰囲気チェンジ!

seedを変更すれば自動生成されるBGMや効果音セットもいろいろ変えられて楽しいので、まずは数値をいじるところからはじめましょう。


crisp-game-lib by ABA Games
開発者のABA Gamesさん、シンプルでステキなオープンソースなゲームなど100本、ライブラリと共に多量公開!(残りゲーム制作体力10%な人のためのずぼらゲームライブラリcrisp-game-lib - ABAの日誌


ミニゲームに物語性を加えることで得られるコク - ABAの日誌
大長編もあれば俳句もある。ゲームも然り。

1日1個、11日で11個のミニゲームを作る - ABAの日誌
今年50のゲームを作って分かった面白いゲームを作る方法 - ABAの日誌
数作るって大事ですね!

たのしいづくり、はじめましょう!

JavaScriptでいろいろ作りたい高専生や学生向け、jigインターンもエントリー受付中!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS