厚労省によるCSVオープンデータの仕様が変更されたので対応しました。

COVID-19 日本の新型コロナウイルス概況
新型コロナウイルス対策ダッシュボード付属の概況グラフも更新再開です。過去最大の第5波となってしまいました。

概況更新停止の原因は、CSVオープンデータの仕様変更。
いままで更新されていたCSVオープンデータのURLでの更新が止まり、項目名が変更になった新しいURLに変わっていました。

厚生労働省オープンデータ - 新型コロナウイルス感染症について
新旧オープンデータを合わせて表示するページを作りました。


最も重要なデータ「入院治療を要する者(Requiring inpatient care)」の推移を比べて見ると、新データは第一波5/9からになっています。確か、このタイミングで厚労省の集計方法が変更になっていました。


累計死亡者数グラフ。新仕様では(Deaths)となりましたが、データが2020年5月8日以前のデータがないので、全部切り替えずに、混ぜて使うことにしました。 微妙に数が違ったりしていますが、グラフを見る限り大きな差はなさそうなので、いままでの表示の連続性を重視し、旧データがある日は旧データを使うアルゴリズムとしています。(src on GitHub)


退院者グラフも同様、5/8以前のデータは新データに含まれません。


PCN検査陽性者は古いデータからありますが、第一波の数に少し差があるようです。


確認中データには誤りがありそうです。8/8の確認中(To be confirmed)の全国合計の値が-21とマイナスになっています。入院治療等を要する者等推移CSVを見ると、いくつかの県でマイナスが記録されてしまっているようでした。 本データとグラフは毎日更新するので、もし元データが訂正されるとこのグラフも訂正されます。また、重傷者数(Severe cases)が新たにデータとして加わっています。


オープンデータ|厚生労働省
オープンデータ、活用しましょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS