情報発信のいいところは、良い情報が得られること。

SNS用画像生成に関して、@imabarizineさんに教えていただいたpuppeteerが良い感じでした! 情報のご提供、ありがとうございます!

夏休み、鯖江のHana道場ではこどもパソコンIchigoJamのはんだづけワークショップが開催されてました。

楽しくヤバイ、自分だけのパソコンをゲットしたら、ちょっと突っ込んで遊ぶためのIchigoJamプリントもオススメのひとつ。 puppeteerを使ってPDFまとめも作りました!

IchigoJamプリント
PDFダウンロードに対応!スマホや、タブレットで見るときはHTML版でOKですが、印刷にはPDF版が便利です。


日本語(80枚)英語(36枚)ルワンダ語(35枚)スワヒリ語(34枚)、4ヶ国語で学べる、IchigoJamプリント!

IchigoJam BASICで、プログラミングに慣れたら挑戦しよう、いろいろ作れるJavaScript。指定URLのリンクをたどって全ページPDFにするプログラムのコアはこちら。 const makePDF = async (browser, url, dstfn) => { const html = await (await fetch(url)).text(); const dom = HTMLParser.parse(html); const links = dom.querySelectorAll("a").map((a) => a.attributes.href).filter((a) => a.endsWith(".html")); const format = "a5"; const page = await browser.newPage(); const pdfs = []; for (const link of links) { await page.goto(url + link); const path = "temp/" + link.substring(0, link.length - 4) + "pdf"; pdfs.push(path); await page.pdf({ path, format }); } await mergeAsync(pdfs, dstfn); }; fetch(フェッチ、データの取得)して、parse(パース、文字解析)してリンク(links)を抽出して、リンクの数だけブラウザでその開いてPDF保存を繰り返し(for (const of links))しています。

IchigoJam BASICも、JavaScriptも同じコンピューターとのお話なので基本は一緒。まずはシンプルな言語でタイピングとプログラミングに慣れちゃいましょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS