昨日のおたとうふで思い出した、今はない町、織田町(おたちょう)。検索すると国立国会図書館が保存している2005年時点の織田町のページを発見。国会図書館、いい仕事してますね!

旧織田町には、大きな織田信長像があることで昔から気になっていましたが、その織田家発祥の地とのことです。MSXで遊びまくった歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」と、当時愛知県(旧尾張)に住んでいたことからの信長ファンなので、ゆかりの地がこんな身近にあることがうれしい。

旧織田町のサイトで気になったのは「織田信長サミット」というイベント。下記、19もの織田信長にゆかりのある市町村が持ち回りで開催しているイベントとのこと。このような歴史的な有名人物による地域間のつながりの可視化は、オープンデータでますますおもしろくなるはずです。

〈山形県〉 天童市・高畠町
〈群馬県〉 甘楽町
〈愛知県〉 小牧市・江南市・清洲町
〈岐阜県〉 岐阜市・墨俣町・安八町
〈福井県〉 織田町
〈奈良県〉 天理市・桜井市・大宇陀町
〈滋賀県〉 安土町・朽木村・高島町・永源寺町
〈京都市〉 京都市
〈兵庫県〉 柏原町


国立国会図書館インターネット資料収集保存事業 - 織田町

信長サミットとは:織田町ホームページ

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS