今年は1週ずつ3週に渡って開催したjigインターンもグランドフィナーレ。 シーズン3のテーマは「学生x健康・スポーツ」、4チームの成果発表を発表順に紹介します。

Dチームはeスポーツの憧れの選手の生活パターンから学び、強くなるヒントを得るサイト「break」
チーム開発で一番大切なもの、それは「ビジョン」、みんなブレずにできたかな!?


有名eスポーツプレイヤーが並ぶトップページ。あの憧れの人はどんな生活を送っていて、どういうことに気をつけっているんだろう?が解決するサイトのイメージ。


有名人を紹介する記事でよくある生活パターンを円グラフで表示するやつをアプリで再現。 超快適に入力できる時間UIや、かっこよく見やすい円グラフなど、いろいろと突き詰めたくなりますね!


Dチーム、まーしー、いつき、やまゆ、メンターはゆうり

使用技術は、バックエンド(APIとwebサーバー)はJavaScriptランタイム「Deno」、Node.jsを使ってビルドするフロントエンドフレームワーク「Vue.js」、データベース「SQLite」

ソースコードはGitHub(jigintern/2021-summer-3-d)にあります。 起動方法がうまくいかず、APIの呼び出し先がデプロイ先になっていたので、conts.jsで設定可能に変更して、ひとまずローカルにしたものを作ってプルリクしました。

個人的にはESモジュールが使えない Vue.js は好みじゃないですが、自分の手で確認するのが一番です。見た目の美しさはHTMLElementや、CSSとしてとりこんでいく作戦。


昨年から成果発表会オンラインスタイル、だいぶ慣れました。


1週間、やりきった!けど、みんな創りたい感マシマシな様子。

こちら、デジタル庁オープンデータを元に作った人事検索アプリ、オープンソース on GitHub

デジタル庁人事検索アプリ
ぜひチャレンジしたいフレームワークで実装してみましょう!

オープンソースへの貢献入門、プログラミングによるeスポーツ、中止になった高専プロコンの競技部門を勝手に開催する「囲みマス」もどうぞ!
codeforkosen/Kakomimasu: #procon31 競技部門 コアモジュール for Deno
Issuesを見てできそうなものにチャレンジ→プルリク→レビューを経て→貢献の流れ、ぜひ体験しみましょう!
もちろん、AIを作って遊ぶだけでも、観戦してみたいなど、どんな形でも大歓迎!

jigインターン参加者からの感想が続々と投稿されるjigインターン生によるブログもぜひどうぞ!
⭐jigintern diary⭐

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS