データ活用に欠かせないのはつなぐこと。複数のデータを比較し、組み合わせて、新たな知見を生まれます。

その足かせとなるのはデータ形式の不一致。数と一言で言っても半角全角、カンマ区切りの有無、小数を含むかどうか、万など漢数字表記の有無など、個性豊かな様々なデータ達・・・。

もちろんコンピューターなので、様々な表記方法を想定して対応することは可能ですが、網羅性を保証できず、膨大なデータ量に対する処理では何十倍ものコストとして跳ね返ります。 同じ手間ならデータを作る際にかけるのが効率的です。

どうデータ形式の定義するか?ベストはリソース記述フレームワーク(RDF)の語彙を使うことでしょう。 Googleの検索エンジン他で使用されるスキーマオルグ(schema.org)や、Facebookが提唱し一般化したオープングラフプロトコル(OGP)、日本政府が提唱する共通語彙基盤もその一種です。

語彙でつながるオープンデータを、LOD(エルオーディー/Linked Open Data)、5つ星オープンデータと呼びます。

5つ星オープンデータ/LOD 3基準

1. リソースとデータ項目(語彙)をURLで表現する
IDではなくURL。アクセス可能なURLを使用する。
自分のリソースのURLは、自分で編集可能なドメインを用いる。

2. 共通の語彙の利用
語彙は正しく、できるだけ既存の語彙を使う。(schma.org/url)

3. 外部リンク
できるだけ外部リソースへのリンクを含める。(SNSやWikidataへのリンク)

ただ、まだまだRDFへの理解が浸透していないため、まだちゃんとしたデータは多くはありません。よりシンプルに作りやすくするためのツール整備を進めました。


NQuads.js
語彙を含んだLODのJSON表現、JSON-LDを扱うライブラリjsonld-esを、Node.js用のライブラリjsonld.jsから移植。 依存ライブラリを次々と全部ESモジュール化して、GitHub Pagesとして公開。 require表記をgithub.ioを使ったURL importに書き換えたので、全ソース、ブラウザでも使用可能になりました。ESモジュールはDenoモジュールとしても使えるので、Denoでサクサク活用可能です!

NQuads.jsは、LODのテキスト表現「N-Quads」をJSONLD.jsを使って作成。 import { JSONLD } from "https://taisukef.github.io/jsonld-es/JSONLD.js"; class NQuads { static async parse(s) { return JSONLD.fromRDF(s, { format: "application/n-quads" }); } static async stringify(json) { return JSONLD.toRDF(json, { format: "application/n-quads" }); } } export { NQuads }; コアはこれだけ。JSONLDをimportして使うだけのライブラリなのでとってもシンプル!
ちゃんとしたオープンデータを増やしましょう!


データ活用はじめのいっぽ、コンピューターとプログラミングへの入り口、IchigoJamのファームウェアの不具合修正
- ichigojam-1.4b29.zip
OUT11,0が効かない不具合修正(OUT11、IN4を出力に切り替えて使う場合の番号です)


福井県独自の緊急事態宣言最終日、ランチは通常営業だった鯖江駅前商店会」でタコライス!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS