iPhone/iPad用のOS、iOSがメジャーバージョンアップ、iOS15となりました。早速ダウンロード、届きやすくなったアドレスバーがいい感じ。

気になる開発面で大きいのはWebGL2対応。 多量のオブジェクトをまとめて描画できるようになりより派手なUXの実現が可能になった様子。メモリ間のアクセスもよくなったようなので機械学習での活用にも期待できそう。

こちらWebGL2のサンプルが60fpsでスムーズに動きました。
サンプルで理解するWebGL 2.0 - ChromeとFirefoxが対応したWebGL 2.0の利点とは - ICS MEDIA


CyberFriday - CyberValley, Japan
3D空間を美しい計算で動く10万の点、グルグル自動で動くデモに改造して、今週末のサイバーフライデーを告知する「CyberValley, Japan」のウェブサイトとして使わせてもらいました。

GLSLやカメラの動きなど、いろいろといじってみたいところです。(TypeScriptで実装されている ics-creative / 170706_webgl2_feature / transform_feedback をforkした cyber-background on GitHub、動かし方など気になる方、サイバーフライデーへどうぞ!)


シンポジウム 「脱ハンコ」と サイバー時代の個人認証 | 京都大学公共政策大学院
サイバーな週末、土曜日の京大オンラインイベント、登壇します!
リアル社会での意思表示「ハンコ」、サイバー空間ではどのように示しますか?
開発者の方、どのように実装しますか?

Welcome to CyberSociety!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS