ウェブアプリの使い方を紹介するときに使いたい数字のステップ表示。
普段は非表示にしておき、スクリーンショットを撮るときにのみ表示できます。

数字の注釈追加 - fig-step
レンダリングされた座標やサイズを返す「getBoundingClientRect」を使うと、いろいろ柔軟に使えそうです。

レクチャーなしに、スッと使えるウェブアプリづくりを目指してみます。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS