一時期注意喚起されていたPM2.5について聞くことが減りました。 先日の徳島県でのDXセミナーにて、ご質問いただいた大阪府の方から、大気汚染常時監視のデータ活用についてご質問あり、サイトを見ていたところ、その減少を確認!

大阪府/大気環境の状況
PM2.5は200年あたりをピークにどんどん減少。年平均15ug/m3が基準を下回っています。


一方、光化学スモッグの元となるというオキシダントは増加傾向。大気汚染は過去の話かと思っていましたがそうでもないようです。

大阪府 大気汚染常時監視のページ
オキシダント、大阪府内各所で毎時更新されるデータ「大阪府大気環境常時監視システム」があったので、ウェブアプリで使いやすい、CORS対応したCSVデータに変換してみました。

CSVデータとしてまとめた大阪府オキシダントデータ
大気データを取得するプログラムとデータをまとめたGitHubリポジトリダウンロードするプログラムと、データをまとめて1つのCSVファイルを作るプログラム。 GitHub Acitonsとして、毎時15分に自動取得設定しているんで、勝手に更新されます。 (ブラウザのフォーム機能を使ってSJISのCSVダウンロードとなるので、fetchBinPOST/fetchPOST.jsSJIS.jsを活用)


大阪府 オキシダント推移グラフ
1時間おきに公開されるオキシダントデータを8/1分からさかのぼって、取得して、ひとまず全件表示してみました。昼間に数値がぐっと上がるので、人の活動によるものである可能性が高そうですね。 日平均、週平均などのグラフ化してみたり、エリア別に絞ってみるとより傾向が分かりやすくなりそうです。


おおさか濃度マップ
地図に表示機能も提供されています!観測場所の緯度経度データもありそう!?地図へのマッピングで身近な大気汚染を知り、備え、解決に向けてアクションしましょう!

1時間値データフォーマット
大気データだけでなく、風速、風向き、温度、湿度、雨量、日射量、交通量まで、いろいろあっておもしろい!

ハルカス大学との連携など、楽しそうです。
大阪府/報道発表資料/ハルカス大学連携講座 第1回「今日のお空、きげんよぅやってまっか?」受講募集!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS