プログラミング言語もたくさんありますが、人間が使う言葉、自然言語も同じく多種多様です。

国際規格、ISOとして2文字アルファベットで定義されている184の自然言語一覧をCSVオープンデータとJavaScriptのライブラリLangCode.jsとしてまとめました。

LangCode.js (ISO639-1.csv)
データ元は「ISO639-1 - Wikipedia」です。 言語コードと日本語の正式な対応「JIS X 0412-1 / 言語名コード-第1部:2文字コード」に機を見て更新したいところです。 JISのいろいろ、ベースレジストリとして再整備に期待です。

使い方は簡単です。ブラウザかDenoで下記のようなプログラムで使えます。 import { LangCode } from "https://code4fukui.github.io/LangCode/LangCode.js"; console.log(await LangCode.encode("日本語")); console.log(await LangCode.decode("ja")); console.log(await LangCode.find("メ")); 言語クイズとか作るのもおもしろいですね!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS