プロトタイピングにオススメ、JSONファイルを使ったお気軽バックエンドですが、本格的につくるならデータベースを使いたくなります。

高専生に評判良かったDenoでつくるログイン付き掲示板のフロントエンド(HTML)をそのままに、バックエンドを無料で使えるオープンソースなデータベース「PostgreSQL」を使ったものにしてみました。


見た目や操作方法(フロントエンド)は全く一緒ですが、裏側の処理(バックエンド)が違います。


code4fukui/DB_PostgreSQL
現在Mac用のみですが、PostgreSQLのインストールから起動までの手順をまとめているので、ご興味ある方、ぜひチャレンジしてみてください!

つくりかた
1. PostgreSQL driver for Denoを使って、SQL部分を担当する DB.js を作成
2. 続いて、掲示板バックエンドとなる BBS.js を作って、テスト / BBS.test.js
3. Server.jsを使って、APIサーバーとしてまとめて、できあがり!
import { Server } from "https://js.sabae.cc/Server.js"; import { BBS } from "./BBS.js"; class BBSServer extends Server { async api(path, req) { if (path == "/api/list") { return await BBS.list(); } else if (path == "/api/add") { return await BBS.add(req); } else if (path == "/api/regist") { return await BBS.regist(req); } } } new BBSServer(3001); 結構、お手軽、これで何百万件ものデータも怖くない!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS