AmazonのWeb Services、AWSでは、いろいろなウェブに関するサービスが提供されています。 ストレージサービス S3 に続き、今回は認証サービス Cognito を使ってみました。
Cognito
ユーザIDやパスワードの管理、メールによる確認など認証に関するいろいろをやってくれます。

Denoで使えるCognito用のライブラリを探してみましたが、どうにもなさそうなので、ひとまずnode.jsで動くものをプロセスとして起動する形でDenoと接続。 下記のようなコードで、Denoでユーザー管理が動きます。 import { CertificateCognito } from "./CertificateCognito.js"; const ct = await new CertificateCognito().init(); const user = "111"; const pass = "kChdX3s*_acheu0A!"; const pass2 = pass + "2"; const res = await ct.regist(user, pass); console.log(res); const token = await ct.login(user, pass); console.log("token", token); const userchk = await ct.check(token); console.log(user, userchk); const cp = await ct.changePassword(user, pass, pass2); console.log(cp); const token2 = await ct.login(user, pass2); console.log("token2", token2); const res3 = await ct.logout(token2); console.log(res3) const resrm = await ct.remove(user); console.log(resrm) 使い方は、README.md 参照。(src on GitHub)
Denoネイティブ化は、Issueにあげておきます。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS