一般にタルトといえばパイ生地の上にフルーツが乗ったものを想像するが、
四国のタルトはちょっと違う。


アンコがカステラ生地にまかれたもの、これがタルト。


このハタダ栗タルトの畑田本舗さんによると、江戸時代、ポルトガルのトルタに感動し、アンコとのマッシュアップによって生まれたものとのこと。
最高金賞 受賞 ハタダ栗タルトの歴史

福井の水ようかんといい、ご当地の変わった食べ物はその土地の歴史も感じられて趣き深い。
一度「タルト 四国」でご検索を!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS