候補者12名、都知事選挙が始まりました。東京都は、日本の首都であり、国家予算並みの予算規模6兆円と日本最大の地方自治体。都知事は、内閣総理大臣と異なり、都民による直接選挙で選ばれる、東京都の大統領的存在。

世界最先端IT国家を目指し、オープンな政治に向かうことをコミットしている日本の首都としては、その首長としてもオープンな姿勢を求めたい。候補者の一覧オープンデータ、本来東京都さんに出してほしいところですが、とりあえず独自に作成したのがこちら「都知事選候補者2014年」です。公式サイト、TwitterID、オープンになっている顔写真の画像(日本の玄関の顔ですからねっ)をそれぞれ評価点としてオープンレベルを算出、ソートするアプリを作成しました。随時更新あれば、こちらのデータも可能な限り早く更新します。それぞれ候補者がオープンデータしてくれるのが理想です。


「2014年都知事選挙オープンデータ / 候補者一覧(オープンレベル順)」

こちらは、Twitterでの候補者のツイートのリスト。私は都民ではありませんが、会社が東京にあることもあり、注目の選挙です。

おもしろいインフォグラフィック「 東京都の人口ピラミッド/前都知事選の年代別推定投票率/候補者の年齢 by Shu Uesugi」。一覧データ自体の権利はパブリックドメインとしています。このようなマッシュアップの元データとしてお使いください!オープンデータから始まるオープンガバメント。身近なところから模索していきましょう。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS