めがね会館から、文化センターの駐車場の空き状況や、空模様、道路の積雪状況などをリアルタイムデータを民間オープンデータとして公開し、見られるようにしてみようかと思っています。いろんなアプリと連携させたり、その手法自体が広まるとかなり便利になりそうです。

今回、アウトレットで3,200円と格安だった無線LAN対応カメラを手に入れ、動作確認した後、プログラムから使うためのテストアプリを作成してみました。カメラの画像を好きなタイミングで保存、表示することができるようになり、画像解析した結果のデータなどを使いやすいオープンデータとしていくベースはできました。

そのための無線LANカメラ、3,000円台は安い!・・・と思ってましたが、そういえば古い使わなくなったスマホを活用すれば無料でできますね。そちらの方での実験もしてみたいと思います。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS