jigインターン2020、まるっと1日、本格開発となった、4日目!
jig.jpオンラインインターン2020 4日目! - jigintern2020’s diary

Breakout Roomでそれぞれのチーム毎の開発が進みます。フロントエンド、バックエンド、基本2人ずつ担当し、詰まったら、まずはチーム内で共有してトライして、15分間進展がなければヘルプを呼ぶ感じで進めます。 何件かヘルプに入って解決。画面共有があれば、ちょっと見せてがオフライン同様にできて便利です。

プログラムを見ていて気になった冗長な書き方。歴史が長いJavaScriptはブラウザの進化と普及ともに変化するベストプラクティス。ちょっと便利なミニテク集を紹介してました。

1. document.getElementById は使わない
document.getElementById("nanika").value は nanika.value と書けます。
(ifやwindowなど、JavaScriptの予約語とかぶるidはつけない!)

2. 文字列と変数の連結は ` ` を使う
"./next.html?a=" + num.value + "&b=" + select.value;

`./next.html?a=${num.value}+&b=${select.value}`
すっきり!(間に改行も使えるので、HTMLの埋め込むにも便利です)

3. 関数定義でfunctionと書かない
function a(param1, param2) { .. }

const a = (param1, param2) => { .. }

4. DOM構築の document.createElement など長い関数を繰り返し使う時はコンパクトに
const cr = (tag) => document.createElement(tag);
const p = console.log;

5. クラスを使おう
JavaScriptでも class が使える
class A {
func(param1, param2) { .. }
}
より自然な関数定義、積極的にクラスでまとめていきましょう!

まだまだいろいろあるので、少しずつ紹介していきます。まとめアプリにするのも便利かも。


Code for KOSEN、高専プロコン競技部門を勝手にやる会「囲みマス」練習試合。
AIを持ち寄って、対戦させてみたところ、これが結構おもしろい!1試合3分、観戦するのもなかなか楽しく、いい感じでした。

参戦方法
囲みマス」を開きます
Kakomimasu on GitHubをクローンかダウンロード
cmd or terminal で、cd client_deno

deno run -A client_a4.js

ブラウザで表示されるゲーム一覧にゲームIDがつき、対戦者待ちになります
もうひとつ起動するか、誰かが参戦すれば対戦が始まります!
ゲームIDをクリックして観戦しましょう!

ローカルで試したい場合は、ローカルで apiserver を起動し

cd apiserver deno run -A apiserver.ts

client_deno/.env のhostを http://localhost:8880 にして、http://localhost:8880 を開き、クライアント起動!

強いAI、楽しいAI、人の手を介在させてもOK、ご参戦、待ってます!


全国高専卒業生の会 ヒューマンネットワーク高専(HNK) の月例会、オンラインに登壇!
神山まるごと高専についてお話しました!中学生に選ばれる高専になるために、技術でアピールしましょう!

HNKでの登壇、ブログで振り返ってみると、東京(2014)仙台(2015)東京(2015)大阪(2017)に続く、5回目でした! イベントから広がる、いろんな縁がつながってます!


毎日更新「新型コロナウイルス対策ダッシュボード
こちらもJavaScriptのオープンソース(src on GitHub)。Chart.jsで「入院治療を要する者」だけ表示にした推移。第二波収束方向のようです。
まずい状況が社会に伝わると、みんなが気をつけ、緩むと増える、繰り返しているうちに弱毒化してくれることを願います。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS