音楽を盛り上げる照明。ライブで気になる、数々の派手に動く照明の制御方法。 DMX512という1986年から開発が始まった、比較的古い仕様が現役で使われているようです。縦と横に動く、ムービングライトを制御してみました。


100Vの電源につなぐ照明なので、動きも明るさも派手でいい感じ!
U`King LEDステージライト 小型ムービングヘッド 20W RGBW  ムービングライト スポットライト 11/13 チャンネル DMX 512対応 両方向連続回転可能 ディスコライト /ミラーボール / 舞台 / 演出 / 照明 - Amazon


ムービングライト、裏にあるDMX512の入力と出力端子。デイジーチェーン(数珠つなぎ)して、多数の照明をまとめて制御します。


DMX512対応の照明の他に用意するのは、ケーブルとソケットと線材を少々。


ピンソケット4ピンを使って、はんだづけして実験用のソケットを作ってみました。(実用する場合はワイヤーを直接はんだづけし、ケースに入れるなどがオススメです)


使うのは3ピンだけ。GNDと+-逆になった信号線に250kbpsのシリアル信号が流れます。


ソケットにも描いてある番号、1:GND、2:Data-、3:Data+をそれぞれ、IchigoJamのGND、OUT1、OUT2へとつなぎます。


ムービングライトの仕様書。DMX512、512チャンネルある内の13チャンネルまたは、11チャンネルを使って制御します。 同じチャンネルにすると、同期して動きます。 使用するチャンネル番号は、オフセットは本体のメニューで設定でき、13チャンネル使うモードで39台、11チャンネルモードで46台を個別制御することができます!

以前作ったDMX512のマシン語ドライバを使って、チャンネル毎の仕様を見ながら、まずはランダムに光らせてみる実験です!

10 POKE#700,240,181,114,182,64,24,80,33,9,2,1,49,9,4,128,38,118,0,1,34,202,96,4,39,63,2,29,55,0,240,37,248,2,34,202,96,93,39,0,240,32,248,4,120,164,0,1,52,1,48,1,34,202,96,45,39,0,240,23,248,1,37 20 POKE#73E,3,120,1,34,43,66,0,208,2,34,202,96,44,39,0,240,13,248,109,0,181,66,244,209,2,34,202,96,93,39,0,240,5,248,1,48,1,60,229,209,98,182,240,189,1,63,253,209,112,71 30 OUT1,0:OUT2,1 50 POKE#800,7,0,N,0,N,0,0,255,RND(4)*50,RND(256),RND(256),RND(256),RND(256),0,0:U=USR(#700,#800) 55 N=RND(100) 56 ?N 57 WAIT60-BTN()*50 60 GOTO 50

本体ボタンを押したら、WAITを短くして高速化!


ギュンギュンと軽快に回るので、カメラをマウントしてロボットの頭にするのもいいかもしれません。センサーと組み合わせて派手なものづくりができそうです。 実物、NT鯖江に持っていくのでお楽しみに!


こちらもDMX512コントロール可能な、派手なライト。3種類の照明がいろんのスピードで回せます。好きな曲に合わせてプログラムしたり、ゲームのエフェクトにするのもいいですね! (→ AmazonでDMX512で検索!


本日、大人向けIchigoJamはんだづけ&プログラミング!100均ビーズが活躍!


かわいいIchigoJamができました!


まったさんも、外で何か大人の電子工作してました。
ソーラーパネルでバッテリーを充電、IchigoJamで自作する「チャージコントローラー」! – about yrm

日常で気になるアレコレ、自分でやってみると新たな発見、新事業のタネにもなるかも!?
福井県こどもプログラミング協議会は、福井県のIoT化、デジタル化を応援しています。
ご興味ある方、越前がにロボコン、こどもプログラミング実業団までお問い合わせください。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS