ぼくの考える最強の英語の学習法は、言いたいことを翻訳、練習して、まずしゃべること。 関連する質問は聞きとりやすく、関心持ってくれている人なので優しく話してくれます。

練習にぴったりなツール、Macのコンソールで標準で使える楽しいコマンド、say のご紹介。

say hello

「ハロー」と聞こえましたか?
sayのみで起動すると、インタラクティブにいろいろしゃべってもらえて便利です。

原稿をまとめたテキストファイルをしゃべってもらうには

cat input.txt | say

音声aacファイルとして保存する場合は

cat input.txt | say -o output.aac

と使います。


声質の変更が、設定、アクセシビリティからできます。 スピーチ(音声合成)を選び、システムボイスの選択肢から「カスタム」を選ぶと、ずらっといろんな音声がダウンロードできます。 自動でチェックされたものを全部ダウンロードすると10GBとか容量を取ってしまうので、一旦全部チェック外して、再生しながら使いたいものだけ選びます。

オススメは、英語の Samantha(女性)、Tom(男性)。非ネイティブだからだと思いますが、かなり自然な発音をしてくれます。

声を変更するのは -v オプション

say -v Samantha "This is a pen"

流暢です!

Agnesはローレゾなコンピュータっぽい感じでよい感じなので、お試しください!
sayhelper」 on GitHub
いろいろな音声化したテキスト、お試しください!

Alexや、Agnesなど、行間における間がちょっと短いので、DenoのJavaScriptを使って、開業時に間を取るプログラムを混ぜてみました。(標準入出力の使い方 in Deno)

import { readLines } from "https://deno.land/std/io/mod.ts"; for await (const line of readLines(Deno.stdin)) { console.log(line); console.log(".."); }

英語以外の言語の練習にも使えそうです。中国語のTing-Tingや、中国語(台湾)のMei-Jiaもかなりスムーズな印章。 日本語は、女性のKyotoは少し不自然を感じますが、男性のOtoyaはなかなか自然!ちょっと関西風な味付けがおもしろい!

練習して話せるようになるのも楽しいですが、sayコマンドでリアルタイムにしゃべってもらうのもいいかも!

ツールで越えよう、言語の壁!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS