ハッピーハッキング!
年末発表した、IchigoJam Rβ、ついに出荷開始です!

CPU(コンピューター)と、ピン配置のちょっと変更に伴い、シールも更新!


エンジニアに根強い人気、PFU社のHHKBでLED付ける!
シールも貼ってみました。お好みでどうぞ!


かわくだりゲーム、ウェイトなしが超速い!

IchigoJam BASIC 1.5βのリファレンスはこちらです。
IchigoJam BASIC リファレンス ver 1.5β
ほぼ現行最新の1.4.3と同じです。一部変更と未対応、対応検討中のものがあります。
IN1-4、全ピン、外部に抵抗を接続する必要なしで、GNDに接続すると0、接続しないと1となるプルアップ設定。さらに全ピンアナログ入力対応。(BTN端子もANA(0)でアナログ対応)
OUT1-6、全ピン、サーボなどを制御するPWM対応。(OUT/IN切り替えは現在未対応です)

IchigoJam BASIC 1.5b01 ファームウェア
- IchigoJam 1.5β1
対応CPUは、GigaDevice社のGD32VF103CBT6。Flash128KB、RAM32KBとちょっとオーバースペックなので、消費電力とコスト的に、もう少しコンパクトなCPUがほしいところ。
容量増に伴い、ひとまず保存可能ファイル数を15ファイルまで増やしていますが、将来変更するかもしれません。

IchigoJam R ファームウェア書き込み方法
stm32flash - Open source flash program for STM32

- 手動で書き込みする方法
IchigoJam R ISPピンをVCCに接続しながら電源をいれる(またはRESETを一度GNDへ)

stm32flash -w ichigojam-r.bin -g 0 -e 112 -b 115200 /dev/tty.SLAB_USBtoUART

* /dev/tty.SLAB_USBtoUART は、環境に合わせて変更するUSBシリアルのデバイス (Windowsの場合、COM4など)

- 自動で書き込みする方法
USBシリアルのRTS/DTRも使用する
RTS - IchigoJam R ISPへ接続 - ONで通常起動、OFFで書き込みモード
DTR - IchigoJam R RESETへ接続 - ONでリセット、OFFで通常起動

stm32flash -i "dtr&-rts,-dtr," -w ichigojam-r.bin -g 0 -e 112 -b 115200 /dev/tty.SLAB_USBtoUART

USBハブ機能付きのUSBキーボードは未対応です。また、未対応のUSBキーボードもあるのでご注意ください。動かないキーボード、何かおかしな動作を見つけた方、ご報告いただけるとうれしいです。
Facebook / Twitter / mail

鯖江のものづくり拠点、Hana道場実機、見られます!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS