組み合わせ自在の無印良品スチールユニットシェルフセットで作った棚を兼ねる机、作業するには暗いとのことで照明を作った。結果、市販品では手に入らなさそうなコンパクトな仕上がりに満足してもらい、満足。


机の天井、手前側に線状に並んだ30cmのテープLED(500円)を2つ接続して貼り付け、12VのACアダプタとスイッチを付けて出来上がり。電子回路は無いので、単純につなぐだけなのでちょっと物足りないけど、まずはシンプルに創る。


一番大変だったのは、手元で使うかわいいスイッチを探すこと。日常に使うものには、プロトタイプにはないおもしろさ、照明づくりは手軽に体感できていい。なるほど、こういう時に3Dプリンターがあると便利そう。


こちらが今回使ったテープLED、材料費は合計2,000円弱。創る楽しさ、出来上がって喜んでもらえた喜び、プライスレス。

明かりセンサーと人を感知するセンサーを付けて暗い作業中には自動的にONになる照明とかに改造するのもいいかもしれない。使う時間帯のログを取る、使う時間帯を予測して自動点灯、外出先から防犯用に遠隔点灯などなど、いろいろと改造しがいはあるけれど、忘れてはいけない、使う人の気持ち。やりすぎて、使われなくなってしまっては元も子もない。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS