カマコンバレーメンバーによる衝撃の鯖江訪問から3ヶ月、ついに来ました鎌倉市。心のこもったおもてなしと、魂が入った熱いイベント、カマコンバレー定例会で更なる刺激をもらいました。カマコンバレーのミッション「この街を愛する人を、ITで全力支援!」は、世界中のどこでも有効です。早速、エッセンスを鯖江に持ち帰りたいと思います。ブログで伝わるモノはわずかですが、カマコンメソッド(鎌魂メソッド)を紹介します。


カマコンバレー創始者、本多さん、柳澤さんによる、ゆるさときっちりが同居する熱い進行が場をつくる。


カマコンバレーは何か?内向きと外向き、それぞれにきっちりと合言葉で応えるのはとても大切。
> 外向けの合言葉「この街を愛する人を、ITで全力支援!」
ITは特徴付けのために謳ってはいながら、実際はITに限らず全力支援とのこと。「愛」がいい。
> 内向けの合言葉「ぜんぶジブンゴト化」
損得ではなく自分の問題として取り組む姿勢が会場に集った100名もの参加者が居る場、全体に伝わっている感がステキでした。


毎月第三木曜日と定例化し、プレゼン、ブレスト、コミット、進捗報告とPDCAをきっちり回しているのはさすがです。
1. プレゼンター募集(毎回5つ程度の応募者があるとのこと)
2. プレゼン(4分プレゼン1分質疑の枠でプレゼンをブレスト)
3. 参加者が興味あるテーマに分かれて20分ほどブレスト(時間は短いのできっかけにする)
4. アイデア発表(それぞれのテーマで話したことを端的に発表)
5. プロジェクトリーダー決定(それぞれのプロジェクトにコミットする人を募る)
6. (定例会後)プロジェクトを進めて、定例会にて進捗報告する


イタリアに鎌倉拠点をつくる、Viajes株式会社 池田姉妹による熱いプレゼン!
新しいプランが毎月発表され、やりたい人が集まり、クラウドファンディング1192(いいくに)で資金を集め、実行に移すという循環が回っているのがすごい!まるで、毎月「鯖江市地域活性化プランコンテスト」!


二次会では鎌倉市長、松尾さんも合流、3ヶ月ぶりの再開、Viajes 池田姉妹と一緒に記念写真!イタリアのアブルッツォ(Abruzzo)、鎌倉、福井をつないじゃおう企画に関しては、また後日ご紹介します!


(Amazon.co.jp: あなたの知らないイタリア ミステリアスガイド・アブルッツォ: 石川 康子: 本)

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS