ITS世界会議がきっかけで、参加したITSチャレンジ。交通に関する新しい取り組み第一弾のテーマ、オープンデータ・ビッグデータ、鯖江市の取り組みを紹介し、静岡県/ふじのくにオープンデータカタログの杉本さん、バンプレコーダー(講演タイトル、穴と雪の情報)の八木さんとディスカッション。業界を超えた、新しい取り組みへと期待が高まります。

杉本さんから紹介された、会津若松のパトロールカーに搭載されたセンサーデータのオープンデータ化。「つつじバス トレーサー」をベースに創ってみた、名づけて「パトレイサー」。日時と車両番号指定で、履歴を地図上に表示します。


「パトレイサー / 会津若松市役所パトロール履歴表示」

0.1秒間隔の緯度経度に加えて、前後、左右、上下の加速度情報が取得できます。特定箇所の渋滞具合や、急ブレーキ危険箇所、勾配状況なんかも分かるかもしれません。いつものように、アプリ自体もCC BYのオープンソースです。いろいろ創りましょう!

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像 / RSS