福野泰介の一日一創 - create every day

2月のオープンデータデイに続いて、今年2度目の島根県松江市、「オープンデータ活用セミナー in 松江」に参加しました。


成功事例、人にも機械にもわかりやすく、オープンデータをルーチン化、産学官問わずにどんどんオープンデータに!と、Ruby City Matsue 松江市役所、花形さん。垣根を超え、みんなが向かえるシンプルなゴール、大事です。


Data City Sabae から「オープンデータ利活用の現状とビジネスの可能性」をテーマに、オープンデータを推進するための5つのアプローチ「Web標準・課題解決・創る人を創る・ウェアラブル・コラボレーション」をご紹介。新しい、または、深い人と人のつながりが連鎖するだけでなく、人とデータ、データとデータのつながりを通してどんどん広がります!


松江オープンソースラボに行く前、島根大学にてRubyを学ぶ学生さんに、オープンデータをレクチャー。知られていなかったオープンデータ、講義後、半分近くの学生さんから Code for Matsue に興味ありと挙手もらいました。便利で楽しい街、つくっちゃいましょう!(オープンソースWebアプリ for オープンデータ「データシティ鯖江アプリ」はこちら)


懇親会後の記念写真。Ruby City Matsue と Data City Sabae がまたさらに近くなりました。

Tweet
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は「Creative Commons — CC BY 4.0」の下に提供されています。
CC BY 福野泰介 - Taisuke Fukuno / @taisukef / アイコン画像 / プロフィール画像